まさかのおいしくダイエット!つくりおき五味薬味でずぼらやせごはん特集

五味薬味って、なに?

個性的な香りや味わいで、料理のおいしさ&栄養価を何倍にも引き上げてくれる薬味。
さまざまな薬味がありますが、日本で暮らす私たちが季節に関係なく、
手に入れやすい5種を選んでミックスしたのが五味薬味です。
五味薬味のパワーを簡単に説明しましょう。

しょうが

○効果:消化を助ける、血流を促進する、新陳代謝を促す
    殺菌、抗菌力があるので、食中毒予防にも

○ダイエットポイント:【生のしょうが】胃腸を健康的に整える、食欲増進、免疫力アップ
           【加熱したしょうが】体を温めて代謝を促す

ねぎ(あさつき)

○効果:免疫機能を整える、肌の新陳代謝を促す
   また、カルシウムが豊富。老化や病気の発症に関わる活性酵素を抑えるミネラルも有り。

○ダイエットポイント:血液をサラサラに、糖質の分解を助けるビタミンB1の吸収をよくする

※普通の長ねぎは辛みが強くて、五味薬味には不向き。あさつき、万能ねぎ、小ねぎがGOOD!

しその葉

○効果:老化や病気の予防にいい抗酸化物質がたくさん。防腐作用も。

○ダイエットポイント:食物繊維がたっぷり。
           カルシウム、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれている。

みょうが

○効果:疲れ目対策に最適。
    その他、ビタミンC、ビタミンEやβカロテンも含まれている。

○ダイエットポイント:血行や発汗を促して血液循環を整える。
           しょうがと一緒に食べると体を温めるパワーがアップ!

貝割れ大根

○効果:免疫機能を整える、肌の新陳代謝を促す。
    成熟した野菜よりも高い栄養価!!

○ダイエットポイント:脂肪燃焼効果、ビタミンやミネラルで美肌やアンチエイジングにも◎

とにかく簡単!五味薬味の作り方

ねぎ(あさつき)、みょうが、しょうが、貝割れ大根、しその葉(青じそ)、5つの薬味をただ刻んでませるだけ。
週末や週の初めに、まとめて1週間分刻んで、保存しておくと便利です。

五味薬味で作る便利たれ

五味薬味はそのままのせても美味しいですが、たれにすると味のバリエーションが広がって、楽しくダイエットが続けられます。

市販のドレッシングやたれよりもヘルシーです!

【材料】
五味薬味…大さじ3
にんにく…1片
オリーブオイル…大さじ3

【作り方】
① 薄切りにしたにんにくとオリーブオイルをフライパンに入れて、火にかける。
② にんにくがキツネ色になったら、器に入れた五味薬味に①を掛けて混ぜる。

【保存】冷蔵で3~4日



【便利な使い方】
●五味薬味オイルを塩茹で野菜にかけて。
●焼いた厚揚げやパスタにも合う。

五味薬味が合う美味しいレシピ

活性酸素を除いたり、免疫力を高めたり。すごいパワーを持った野菜は色々な種類を取るのが理想です。

五味薬味+野菜の組み合わせは究極の健康&美容メニュー。

ちょっとアレンジするだけで効果がパワーアップするレシピをご紹介します。

パパっとできて、キレイに元気にやせられます!

【材料】(2人分)
きゅうり…2本
五味薬味…大さじ2
桜海老…大さじ1
ごま油…小さじ1
にんにく(すりおろし)…小さじ1
鶏ガラスープの素…小さじ1
塩昆布…小さじ1

【作り方】
① きゅうりは塩(分量外)をふって板ずりしてから、めん棒などでたたき、5㎝の長さに切り、さらに縦半分に切る。

② ①をファスナー付き保存袋に入れ、残りの材料も入れて、降ったりもんだりする。

③ ②を10分くらい冷蔵庫で冷やしたら、でき上がり。


※冷やす時間が短いとサラダ風に、一晩おくと漬け物風に。
 時間が経つと水分が出るので、水分は捨ててください。

五味薬味で健康的なやせ体質に!!

いかがでしたか。

いつもの献立やインスタント食品にも、五味薬味をのせるだけで、おいしさも見た目もグンとアップします。

また五味薬味は、夏の暑さや気温の変化で体調を崩してしまった時にも、内臓から体を整えてくれる頼もしい味方です。

切って、まぜて、のせるだけ。

ぜひ、手軽に健康的なやせ体質を手に入れてください。

今回紹介した書籍はこちら

TOPへ戻る